DSC01979

リアルなしっぽ



DSC01975

迫力じゃろ しっぽの先に顔があるがよ



DSC01973

こんな精工ながはソフビやないとできんと  しっぽの先えの 赤いマグマライン




DSC01976

たまらんぜよ



DSC01954

おなかからしっぽへのラインが 木の根のようにスンといっちゅう

ちょっこり ここは高知龍馬空港の近く

三和ふれあい文化会館  ここで海洋堂の通称センムこと 宮脇社長がお話ししてくれた。


DSC01959

年以上前の 社長が 小学生のころ プラモデルの講習を受けているところやと

この フィギアというう言葉は フィギアスケートとおんなじらしい

昔のフィギアスケートは丸いえんを 正確に なぞるように滑っていくもんやったらしい

ほんで 人形とかのフィギィアは実物と同じように作る こう言いよった。説明してくれた。





DSC01962

これは 1972年 海洋堂の社員さんが ほせんを作っているところで 

2200円のプラモデルで これをつくり 金色に塗ると 透明のケースに入れて

25000円でポンポン売れていたらしい。 これを 何人かで 1日 30個ぐらい作り

商売していたと。

社長は この プラモデルを 一人で1日10個作りよったと ビニール杯で部品並べるだけでも30分

わおー


DSC01963

これは ベルサイユ宮殿で イベントをした時のもので

あっ 高知のベルサイユやない フランスのほう

何とかちゃんいう フィギュア  これが なんと オークションで

6800万円で 落札されたと  骨董でもないのに  すごい世界や。




DSC01964

こちらの 海洋堂の社員さん 子供のころから海洋堂に通い続けて就職して 

今も お昼の1時から9時まで 作り続けて

カーボーイハットぼうしをかぶりメガネをかけていたので あだ名が帽子とメガネでぼうめ

さん

もう 40年 毎日ふぃぎゅあを 作っている。




DSC01966

このゴジラが





DSC01967

993600円 すぐに完売。 こんど 2月19日東京でフェスがあるけんど

前回 10万円で完売したシンゴジラ 今回は色が塗っていないのを

60000円で300体のみ販売するそうやね




DSC01969

歴代のゴズイラ




DSC01970

塩ビのえいところは がいにやっても 落としたち おれんし 壊れんところやと

南国市にも もうすぐ海洋堂の工場ができてフィギュアのプロたちが来るという

そしたら全国からフィギュアのフアンが押し寄せて 凄いことになりそうや。

お食事はぜひ ゆずあんへ。   ゴジラのから揚げ定食 ゴジラ南蛮定食 1200円です。


シンゴジラの映画の撮影すべてこのフィギュアで撮影したと言ってました。



DSC01974

おそるおそる おばちゃんもさわりゆう



DSC01972

今回の 世話役の杉村さん。と 海洋堂宮脇社長



DSC01977

おまけ


ブログランキング参加中