れストラン ゆず庵BLOG

南国土佐でレストランをやりゆう殿の日記。 ゆず庵社長が日々の出来事を面白おかしく書きゆうブログです。ゆず庵と愉快な仲間たち

15年前のゆず庵ばなし

昨日のこと 嫁と2人 事務所で まかないを 食べよったら  嫁が言うた。

このうどんにはいっちゅう ネギを見たら あの時のこと 思い出すよ。

(俺) 何を 思いだすで~?

(嫁)あの時 こんな忙しいのに あたし 
   ネギを切りよって えいがやろうか? って 今でも 思い出すよ



昔 むかし そ~のむかし

ゆず庵 夏の話

今から 15年ぐらい前の話

夏 言うたら 毎日の売り上げが 100万円はある頃です。

ホールも忙しかったが 調理場も 料理が ばんばんオーダーが通って

人手が足りないぐらいに忙しかった。

そのとき まだ 結婚していなかった 今の嫁さんに ゆず庵に手伝いに来てもらっていて


料理長に 「ちょっと 調理場が 手が足らんろうきに この子に 何かさせてー」

と 頼んで ホールで お客さんの案内をばたばたしておりました。

しばらくして 

僕の彼女は ちゃんと 役に立って 仕事 しゆうろうか? と 調理場をのぞくと



IMG_1397


彼女 ねぎを切っておりまして (あれ~ ネギなんて 朝の仕込みで 切って終わっているはずやけどな~)

と 心の中で つぶやいて チーフを 見てみると しいたけを 切っている。

(しいたけなんて メニューにないはず)  と その横を見ると ソーメンを茹でて

その横には 卵焼きを刻んだやつやキュウリも 刻んで 置いてありました。

ほんで チーフに聞いた

「料理長 その今、作りゆう ソーメン どうするがぜ?」 と 聞くと

料理長 「みんなあ 忙しいのに 頑張ってくれているから 飛び切りおいしい ソーメンを お昼に 食べてもらおうと 作りゆう」 と いう。

それを聞いて 俺は ぶち切れた 

「お客さんが 行列を作って 待ってくれたり ちょっとでも 早く

お客さんの料理を 作って 出さんといかん と 思うて 自分の彼女も 調理場へ入れたのに

なんで この忙しいときに まかないを 作りよらー お客さんの注文の料理を早く作れー」 と 怒鳴りつけた。

けんど みんなあ おいしい方がえいろう? まかないは。 と ぶつぶつ言いよった。


それから2時間後 みんなあ その ソーメンを 食べていた それに混ざり

ボクも そのソーメンを 食べていた。 そのソーメンは 暑い夏の調理場を 忘れさせるかの様に

冷たくて おいしかった。

そこへ チーフが 現れて 「社長 ソーメン おいしいろう?」
 
と 声をかけてきた・・・   俺は   ニガっ と 笑い返した。



それから一ヵ月後 そのチーフは ゆず庵には いなかった。



ブログランキング参加中
←勢いよく ぽちっと。
   最近 土佐のさとで よく お見かけするんです。
   そのときは 4文字の言葉を言ってます。 「あっ どうも」

オールズモビル運転

IMG_1371

さー やってきました オールズモビル 長さ 5メートル20センチばあ。

極限まで下げられた車高に 火を噴く ファイヤーパターン


そうそう 確か 音楽が コンポが付いてると 言いよったような 記憶がする。

車に乗り込み





IMG_1340

デッキがないので たぶん コンソールボックスの中にあるかな~






IMG_1341

押しても 開かない 3回押したら   









IMG_1342

パカッと 開いた デッキが 傾いて おります。

電源も 入っているようで






IMG_1344

ゆいつ 店の中にあった マライヤキャリー  これを CD 入れの中に差し込んだら

普通 自動で 入ってくれる が 飲み込まないので 奥まで 突っ込んだら そのまま とまって

曲もかからないし イジェクト 押しても うんともすんとも 言わない。

どうも 壊れているらしい。

まっ 気にしない   




IMG_1346

そんなことより 快調に 走ってくれるし 最高に 気分がえいー

と うれしくて 家に帰り 




IMG_1349

車庫に入れてみた やはり 車庫から はみ出ちゅうー


雨が降ろうと 雪が降ろうと 毎日 通勤に使おうと
  決めちゅうがやき~






IMG_1385

と 言いよったら 車が来て 2日目の朝 雨やった けんど この車には 屋根がないがよ。

普通は オープンカーは ボタンを押したら 後ろから屋根が出てくる これには それがない。

まあ 雨が降ったら 濡れればいいさ。 で もう フロントガラス 見てちや 雨が ふるふる

けんど 濡れたら タオルで 拭いたら えいやいかー





ブログランキング参加中
← 気ままな人生に ぽちっと。


来たー オールズモビル




頼んでいた オールズモビル 

ブレーキの部品が アメリカから なかなか届かないんで 

愛媛県大洲市からの納車が 伸びて伸びて 

やっと来たと 電話があり   部品つけたら すぐに 届けます となって

もう 今すぐにでも 乗りたいき~

で   ざんじ来た~

大洲市から 3時間半





IMG_1316

待ちどうしゅうて 駐車場で カメラを構えて 待機しよったら

来ました ジャンクヤードの キャリーで

この日 大雨で シート かぶせて   激写







IMG_1323

ぐるっと回って ゆず庵駐車場へ  来たー







IMG_1329

シート のけたら オ~イェイ しぶいっ。










IMG_1328

す 素敵すぎる~  









IMG_1334

もう どのアングルから見ても 最高~








IMG_1336

雨の中 ぬれながら オールズ 下ろしてくれて 井上社長 ありがとうございます。

結局 車高が低すぎて マフラーが 地面に当たりそうになって

又積んで もうちょっと 上の 坂のところへ 移動して 下ろす と いいよったら

ゆず庵 いかん 小顔マッサージへ 行く時間になったきに。

と ここで ネコバスに乗り 横内まで 走った。






IMG_1338

週に 1回 1時間半は ここへ 車 止めて もんでもらう。

そしたら 最近 ゆず庵の嫁が 2人の友達から 言われたらしい。

「こんなこと言うたら いやかもしれんけんど 

ねえ ねえ 最近 横内町のところに 建物の裏に ゆず庵のネコバスが いつも

止まっちゅうで~ 絶対に 彼女のところやちや」

と 教えてくれたらしい」 

ほんで 嫁が 「ちがうちがう あそこは ローズドリーム と 言う 小顔マッサージの所で」

と 弁解したらしい。

ほいたらよ    そしたらよ

もし ゆず庵に 女が出来て そこへ ネコバスで 通うたら しゅっと ばれると いうわけかい。






IMG_1339

もうひとつの車 オールズも やはり 目立つき  1954年の車。
 
ま 普通の車に 買い換えたら 女が出来たと 思うてちや。





ブログランキング参加中
← 浮気は嫌でー っ と ぽちっと。
   本気はどうよ。

ヒョウ柄

IMG_1224

この日は いつものように 温泉に浸かり すっぽんぽんで 髪を乾かして いると

隣の 女風呂から 女性の声で 

「こらー りっちゃん どこへいきゆう~ 勝手に いったらいかんー」

と 声がして  5秒後



IMG_1220

ちっtちゃい 子が とことこと 入ってきて ふしぎな 風貌の ボクのところで

ジーっと 見つめて けんど お母さんも まさか 男風呂のほうへは

はいってこれん。

そのうち この子が 帰っていった。

ほんで 又、 とことこと 入ってきた。


まあまあ そんなことがあり 利他食堂へ







IMG_1226

サプライズ 好きな ゆず庵に でっか~ い グラスで 生ビールを





IMG_1227

ほれほれ ビンビール 2本は はいるちあ~








IMG_1233

ぐびぐびのお刺身盛り合わせに 自分の書いた 龍を バックに 写真 撮ってみた。





IMG_1242

このボトルは 店長の早苗ちゃんが 誕生日に ヒョウ柄の ボトルを ウイスキーの先生が

くれた という。



IMG_1253

ほんで ちょっこり 早苗ちゃんも





IMG_1259

利他食堂 今日も 元気に 営業中。



IMG_1188

そうそう けっけー の子   1月25日 お誕生日で 

最近 写真を撮ろうと カメラを向けると 顔を 隠しながら

「事務所とおして~」 と マーチンみたいなことを 言って 撮らしてくれん。





IMG_0107

そんな ケッケーの誕生日を 土佐カツオ兄さんを招いて 利他食堂で やります。

お~じたおじた おじ おじた~。





ブログランキング参加中
←おーじたおじた おじおじた~と 言いながら
   ぽちっと。

バザーで20円で買ったもの

IMG_1185

こんな 緑の仮面です。

ぴちぴちのパジャマを着た ケッケーに 似合います。

ムー 言うて 迫ってくるがよ~






IMG_1176

横顔も ぶきみ。




IMG_1179

長男も かぶった。











先日 和紙に龍の絵を書いて 郵便局に行って 50円切手46枚買って マクドナルドで

葉書に 切手を貼ったんですが 


実は 次の日 一人の女性が ゆず庵を訪ねてきてくれまして

あの時 80円切手を 50枚 レジで 打ち込んで その後 別の局員が来て 50円切手を46枚レジで打って

レジの合計は 96枚分いただいて しまって 申し訳ありませんでした。 と 言われて

たぶん ゆず庵の社長さんじゃないかと・・・ と ゆず庵まで 来てくれた。

そのときのレシート財布から出して確認すると 確かに 50枚分 余分に 払うちゅう。

それで 局としては お金は返却できないのでと 後日 50枚分の切手を 郵送すると言って その女性は

オムライスを食べてくれて 帰りました。



IMG_1216


それから 次のつぎの日 切手が 届きました 辰 たつ と 書いた 切手が。 50枚

そしたら 次の日 またまた先日の 女性が現れて そんなに たくさんの切手は 必要ないでしょうから

買わさせてください と 4000円分 全部 買いに来てくれました。(わたし よく 手紙を書いて送りますから と)

おまけに オムライスも おいしいと 食べてくれて。

おとせのお膳が  とてもおいしくて 私には 量もぴったりと

又 食べによります と おっしゃっていただいて なんか ゆず庵の宣伝 していただいて ありがとうございます。 と お礼を言いました。


ブログランキング参加中
← 切っ手の 物語でした。
   読んだよ の 代わりに ポチット
ゆず庵 コンテンツ

ゆず庵ホームページ

ゆず庵ショップ(SHOP)

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索